1回生

足立舜

奈良学園登美ヶ丘高校出身。中高剣道部で段位は2段

剣道への熱意が非常に厚い。話しやすく、とてもフレンドリーである。素直であると同時に驚くほど親切であり、常に思いやりの心を忘れない

 

彼の剣道や他の趣味に熱中する姿は見ていて元気付けられる

 

日々研鑽を積む足立君が将来剣道、あるいは他の分野で大きな成果を出してくれることを切に望むばかりである。

坂部赳大

小学校高学年に剣道経験があるものの、長いブランクのため現在は基本練習に励んでいる。

 

彼の剣道に対する意欲は高く、摺り足の練習では足の皮が数カ所捲れても、テーピングでぐるぐる巻きにして練習を続けたり、苦手な左右面素振りを何度も何度も練習したりするなど、経験者から見ても眼を見張るものがある。もちろん上達のスピードはかなり早い。彼の今後の活躍に期待である。

 

また、彼の真面目そうな見た目とは裏腹に快活な性格であり、話しかけるといつも笑顔で返してくれる。彼を見たら、ぜひ話しかけてみよう。

奈良県立医科大学      体育会 剣道部       逍遥歌

東に天香具山 西に畝傍山 

はたまた北を眺むれば耳成山 
旧き良き万葉の歌人に詠われし飛鳥川 
その畔に燦然とそびえ立つ 
嗚呼、我が母校 
奈良県立医科大学


一、 
青き戈を横たえて 
炎の中を踊り舞う 
黒き肌は真紅に染り 
月光受ける白竜銀蛇


二、 
凝血に狂う火培の獲物 
異端怠惰の末路ぞ哀れ 
神の裁きに邪悪は倒れ 
栄光森に再び帰る

 

三、 
紅蓮の噴火は天をも焦がし 
楽しき今宵は風静か 
生血吸りて踊る群人 
空には無限の星座は廻る


四、 
乱打演武の調べは続き 
華飾を飾すは聖呂の使途か 
山と積まれた寅の肉 
歌声清し炎の踊り 
歌声清し炎の踊り